目の疲れを取る方法

目の疲れをパックでリラックスする方法

疲れ目は、目を酷使したために目を動かす筋肉などがカチカチに緊張し、凝り固まってしまったことによっても起こります。
ですから、目の血行を促進し、筋肉をほぐせば、疲れはだいぶ楽になります。

 

 

タオルを使った目のパックで、血液循環を改善、疲れ目を解消しましょう。
目のパックには、目を温めるホットパックと、目を冷やすアイスパックの2つの方法があります。

ホットパック

ホットパックは、血行を促進し、涙の分泌を促します。その為、ドライアイや目がショボショボするような目の疲れに効果的です。
しかし、基礎に炎症があり充血しているような場合には、温めることがさらにその炎症を悪化させますので、このような場合は温めたりせずに眼科医を受診しましょう。

 

アイスパック

アイスパックは、目が充血しているときや、目の周辺が熱っぽいような目の疲れにおすすめです。眼精疲労に対しては、ホットパックとアイスパックを数分おきに交互に目に当てることも有効です。
温めることにより血管は拡張し、冷やすことにより収縮します。
サウナになって水風呂に浸かるのと同様に抹消の血液循環を活発にし、血中の老廃物や乳酸、尿酸などの疲労物質を洗い流す効果があります。
横になり、目を閉じて、タオルパックを両目に当てると、目がじんわりと気持ちよくなってきて、心身ともにリラックスできます。

ホットパックのやり方

 

タオルをお湯に浸し、絞ります。あるいは、タオルを水でぬらして、軽く絞り、電子レンジで加熱すれば、手軽に蒸しタオルができます。
いずれも、さめてきたら、再度、温めなおします。温熱効果に加え、蒸気が出て保湿効果のあるドライアイにも有効な使い捨てアイマスクも市販されています。

アイスパックのやり方

 

タオルを冷水や氷水に浸し、絞ります。温まってきたら、冷やしなおします。
冷蔵庫に保管することで冷えるジェルタイプのアイマスクも市販されています。
あったかいお湯とつめたい水道水が、同時に使えるお風呂で行うのも簡単で有効です。
(冷やしすぎによる凍傷、温めすぎによるやけどに注意!)

関連ページ

ドライアイの治療方法
ドライアイの治療方法はこうやって行います。
ドライアイの原因を知っていますか?
ドライアイの原因を知って改善しよう!
白内障とは 簡単に説明
目の病気・白内障
正しい目薬の差し方
目薬の正しいさし方をご存知ですか?
メガネで疲れ目になる原因!メガネが合っていないかどうか知る方法
メガネが合わない原因